raisineの気ままブログ

日々の生活の中で思ったこと、感じたことを発信していきます!

公共局第3番「宿命」

こんばんは。

 

 

この前朝風呂に入って湯船に浸かりながらペットボトルのお茶をこまめに摂取してたら、ひたいから汗がダラダラ出てきたraisineです。

 

 

 

普段汗が出なかったのは水分不足のせいなのね、って悟りました。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

今日は最近私が立て続けに痛感したことをさらっと書きます。

 

 

 

 

 

 

痛感したこ

 

それは、、、

 

 

 

 

 

この世には先例が溢れているということです。

 

 

 

 

 

 

どういうことか説明します。

 

 

 

 

諸文明が発達して沢山の人が沢山の発明をして、ようやく現在に辿り着きました。

 

 

 

 

大きな鉄の塊が空を飛んだり、鉄の塊が水素や電気で高速で走ったり、

 

 

遠く離れた人とリアルタイムに繋がることができたり、

 

 

食べ物の鮮度を長期間保つことができたりetc

 

 

 

 

 

 

人間はすごくいろんなものを作り出してきました。

 

 

 

 

 

そんな「人間」の1人である私も御多分に洩れず日々様々な思いつきをしています。

 

 

 

 

 

 

例えば「金木犀の香りの香水とか入浴剤を作ると売れるのでは??」とか

 

 

腕時計と指輪を一緒にするとおしゃれだし便利じゃん!!」とか。

 

 

 

 

 

だいたい何かを思いついた私は周りの人にニヤニヤしながら報告するのですが、(そして「はあ・・」と言わんばかりの」顔をされる)

 

 

 

 

後から冷静になって調べると、もう既にこの世に出回っているんですね。ことごとく。

 

 

 

 

 

 

そりゃそうじゃって感じで、

私みたいな小娘が生まれていろいろ考えるようになる前に何十億、何百億人もの人が時代を生きて、やっぱりいろいろなことを考えたわけです。

 

 

 

 

 

その中に私と同じことを考えた人がいても、なーんにも不思議なことではない。

 

 

 

まあ正しくは、「私が考えたことと同じことを先に考えた人」ですが

 

 

 

 

 

だからその偉大な先輩人類方による発明という恩恵を受けて生きる私たちは、

それと同時に先輩方を上回る考えをしないといけないんです。

 

ある意味、後に生きる者の宿命ですね。

私、頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私がそういう思いつきをするのは、だいたい歩いている時です。

 

 

 

私が歩く時のポリシーは、

 

①前を見る。

 

前しか見ない。

 

③下は見ない、前だけ見る。

 

④すれ違う人・車は見ない。

 

とにかく前を見る。

 

⑥下を見ないからたまに転びそうになるから、そういうところを覚えて次から気をつける。健気

 

⑦超背筋を伸ばして歩く(小さいころ剣道をやっていた時の名残です)。

 

⑧170センチが大股で速く、颯爽と歩く。

 

⑨超真顔で歩く。そして超無愛想です。

 

 

 

 

 

 

以上『公共局第3番「宿命」』でした〜

 

 

 

(アマチュア交響楽団の冬の定期演奏会に行きたくなる季節ですね♩)

 

 

 

 

おはよーの呪縛

こんばんは。

 

 

 

 

 

先日大学から徒歩でのんびり帰っていると、職場の同僚同士であろうマダム達が沈みゆく夕陽を見て、「陽が沈むが早くなったわねーー!」と感動していたことに四季ある国としての豊かさを感じたraisineです。

 

 

 

 

四季って日本特有のものなのよ!

 

 

 

って小学校で習ったんですけど、同緯度の国だと割とありますよね四季。

 

 

 

 

 

 

紅葉って日本特有のものなのよ!!

 

 

 

 

 

とも小学校で習ったんですけど、、、どうだっけ?

 

 

 

なんか歩道の割合が6割を占めていておしゃれなカフェがあるヨーロッパの通りの街路樹は、大きい葉っぱを美しく染めているイメージある。

 

 

 

 

 

 

まあよいです。

 

 

 

 

 

 

今日はraisineが大学の化粧室でふと思い出した、(さっきまで忘れていた)モヤモヤを書き出します。

 

 

 

 

 

 

今日は14時半から一コマだけ授業がある日で、でも11時ごろからズーーット学校にいたわけです。

 

 

 

 

何やってたか。

 

 

 

 

ネットサーフィンです(暗)

 

 

 

 

いやあれだよ、ちゃんと勉強のためのネットサーフィンだよ??

 

 

 

 

 

 

まあズーーーーットネットサーフィンしていて(暗)

誰とも喋らず(暗)

見ていた論文をぶつぶつと読み上げ(恐)

 

※友達、います。

 

14時10分ごろ、授業が行われる棟の化粧室に言ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

鏡の前に立って手を洗っていると、私が来る前から同じく鏡の前にいた女の子から

 

 

 

「あ〜、〇〇ちゃんおはよー」

 

 

 

と声をかけられて

 

 

 

 

 

 

raisineびっくりして、とっさに声が出ず

 

 

 

 

「お、お〜!!」

 

 

 

 

と間抜けなお返事をしてしまいました。笑

 

 

この後、「私のこと、覚えてる??」と相手を不安にさせちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの時、私が気の利いたお返事ができなかったのは

 

 

 

相手の言った「おはよー」のせいなのです。

 

 

 

 

 

 

プチ責任転嫁

 

 

 

 

 

 

大学に入って聞かない日はほぼないこの「おはよー」ですが、

 

 

 

 

 

高校までとの決定的な違いは、使う時間帯の範囲です。

 

 

 

 

 

あくまで私の見解ですが

 

中・高→朝:おはよー

    昼以降:ヤッホー

 

 

 

大学→朝:おはよー

   昼:おはよー

   夕:おはよー

 

 

 

 

 

 

1日中ずっとおはよージャネーカーーー!!

って感じですね。

 

一気にカタコトデスネ。

 

 

 

 

 

 

 

私だけかもしれませんが、大学生特有の「おはよー」が1日中許容される文化?、なかなか馴染めません。

 

 

一日いつでも「おはよー」って、芸能界じゃないんだから・・(苦笑)って感じです。

 

 

 

 

 

 

でもでもそういえば前、旅館でアルバイトしていた時は夕方出勤でも「おはようございます」って言ってたわ。

今思い出しました。

 

 

 

 

 

一日いつでも「おはよー」に現実感のなさ・社会人としての先取り感、両方感じるけど、

 

 

 

 

日本語にはおはよう以外にも「こんにちは」「おばんどす」とかいろんな挨拶があるんだから、そっちを正しく使えるようになりたいものどす。ハイ

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにさっき上で書いた、中高生の昼以降の挨拶「ヤッホー」

 

 

 

私はあれもあまり好きではありません。

 

 

 

 

 

 

「ヤッホー」ってみなさん何に向かって言います?

 

山でしょ山!!!

 

 

 

あんたのお友達は山か!!?

 

って反骨精神です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう考えすぎて疲れた私が行き着いた友人同士の挨拶は「やあ」「Hey」です。

 

 

 

 

 

昔の日本人は、一体どんな挨拶をしていたんでしょうね?

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、「おはよーの呪縛」でした。

 

 

 

 

 

 

 

ロリアンヌの疑問

おはようございます。

 

 

 

昨日のお昼、某ファミレスでとんかつ的なセットぶどう三昧のパフェを食べたらお腹が超絶いっぱいになって夜ごはん食べられなかったraisineです。

 

 

 

 

苦しかったです・・・

 

 

 

 

 

 

さて、夏休み編はさておき←、さっき思い出した、フランス人の疑問に対するわたしの(プチ神)回答について書きます!

 

 

 

 

 

 

今からちょうど3年前くらい

 

 

 

 

フランスへ留学していたわたしは、現地の高校でクラスメイトのロリアンヌちゃんに突然質問されました

 

 

 

 

 

「なんで中国人って目がこんななの??」

 

 

 

 

彼女は自分の大きく美しい目を、人差し指で斜め上につりながらわたしに聞いてきました。

 

 

 

 

 

(イヤイヤ知らないよわたし日本人だよ、、、)

 

 

 

 

と思って「何でかね?知らない。笑」

 

 

 

 

と答えたわたしでしたが、その後の授業中ずーっと考えていました。

 

 

 

 

 

確かにつり目とはいかなくても、何でヨーロッパの人に比べて目が細いんだろう

 

 

 

 

 

 

うーーん

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

わたしは思いつきました。

 

 

 

 

 

 

 

砂漠があるからじゃね??

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

中国西部にある2つの大きな砂漠、

 

 

 

ゴビ砂漠タクラマカン砂漠

 

 

 

 

偏西風の影響で砂漠の中の砂が東部に吹き流れます。

 

 

 

 

 

 

だからじゃね!!??

 

 

 

 

だから砂が目に入りにくいように目が細いんじゃね!!??

 

 

 

 

 

 

 

という答えに行きつきました。

 

 

 

ロリアンヌには言わなかったけど、日本にも黄砂としてやってくる砂漠の砂の影響は十分にあると思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、笑

 

短いですけど自分の考えのアウトプットでした。

 

 

 

 

 

以上「ロリアンヌの疑問」でした〜〜

 

raisineの夏休みその1、広島帰省編

こんにちは。

 

 

 

超絶お久しぶりです、raisineです。

 

 

 

いやーお久しぶりですねー

 

 

 

約2ヶ月ぶり!

 

 

 

 

このブログの存在を忘れていたわけではありませんよ〜

 

 

 

 

Wi-Fiがない場所に行っていたもので、

 

更新したくてもできなかったのです!!!

 

 

 

 

 

言い訳はさておき、今回は需要のなさそうな「raisineの夏休みその1、広島帰省編」をお送りします。

 

 

 

 

 

 

8月3日に夜行バスで広島へ帰省しました。

 

 

 

4ヶ月ぶりの広島は、懐かしかったです。

 

 

 

程よく発展したまち、やっぱり好きです。落ち着きますね♡

 

 

ふるさとパワー、実感しました。

 

 

 

 

 

帰省して友人と映画を観に行ったり美味しいハンバーグを食べに行ったり

 

 

 

まあ平凡な帰省大学生らしい日々を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

そして迎えた帰省最終日。

 

 

 

私は、今回の一番の帰省目的を果たすために、朝4時(ごろ)起きて車で家を出ました。

 

 

 

 

 

 

一番の帰省目的、それは

 

 

 

 

 

8月6日の平和記念式典参列です。

 

 

 

広島で生まれ育った私は、小学校入学以来毎年夏が来るたびに平和教育を受けてきました。

 

 

 

 

平和教育とは難しいもので、子どもたちが幼い頃から大人たちが推し進めていっても、平和教育の存在が当たり前になりすぎてそのありがたみを感じられなくなってしまうし、

 

 

かといって平和教育をしないとなれば、過去の惨劇を知らずに子どもたちが育ってしまう。

 

 

 

 

 

色々な課題を抱える平和教育ですが、

 

 

まあそれを高校卒業まで受け続けてきた私。

 

 

 

大学進学を機に広島を出ましたが、それでも8月6日の平和を祈る日を広島で迎えたく思い、帰省することにしました(3日間)。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:raisine:20170923210152j:plain

 

朝6時過ぎ。

 

 

画像左中央からグイーーンと伸びている人の列。

 

 

 

この写真を撮った私は、L字に曲がったこの列のほぼ先頭にいたのですが、

 

 

 

 

確か5時半頃から並んでいたのですが、

 

みてくださいこの列!人!!

 

 

 

 

この後さらに列は伸び続けます。

 

 

f:id:raisine:20170923211436j:plain

 

 

 

 

皆一般席に座るために並んでいるのです。

 

 

 

 

ちなみに私と母の後ろには、東京から来られたツアーの方々もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

f:id:raisine:20170923211902j:plain

 

 

 

平和祈念資料館屋上には、各テレビ局のカメラマンたちが何も遮るものがない炎天下の中頑張って待機していました。

 

 

 

 

お疲れ様でございます。

 

 

 

 

 

 

 

6時半すぎ、ようやく一般席への入場が開始されました。

 

 

 

 

f:id:raisine:20170923210209j:plain

 

 

 

私たち親子はまあまあ前側の席に座ることができました。

 

 

通路を挟んで隣の席は遺族席で、喪服の方々の姿が目立ちました。

 

 

 

 

 

 

聞く話によると、私の母の祖母と叔母も原子爆弾によって亡くなっているそうです。

 

 

名簿に名前も載っているそうです。

 

 

 

 

 

このように、数代前から広島に住んでいる人の多くは、ルーツを辿るとほとんどの人が遺族席に座れるわけです、強引に言えば。

 

 

 

 

市や県がどのように遺族を遺族と認定しているのかはよくわかりませんが、

 

 

 

先ほどの平和教育の課題のように、遺族や後遺症の認定など72年経っても解決されていない課題が多いことを改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

その後の式典では市長、県知事、総理大臣、子ども代表、国連の方など、多くの方がスピーチをされていました。

 

 

それぞれの感想については割愛します。

 

 

 

 

子ども代表って、私が小学生の時は(今はどうか知りませんが)、まず学校の中で作文を書き、教員が1人を選抜してその子を代表者会議的なのに参加させて、その後さらに絞って男女1人ずつの子ども代表を決めます(確か)。

 

 

 

 

まあ最初の時点で子どもたちが書いた作文を、ある意味仕方がないけども大人が選抜していく。その後の子ども代表もおそらくほぼ大人が介入して作った文章を何度も練習し立派に読み上げる。

 

 

まあまあ、大人が介入しちゃうのは避けられないですけど、

 

 

 

んーーー

 

 

何をもって子ども代表なのか。

 

 

なんかふと考えちゃいましたね、アウトプットできんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えがまとまったら、また書くかもしれません。書かないかもしれません。

 

 

そんなこんなで今年の8月6日も終わりました。

 

来年もぜひ、参列しようと思います。

 

 

 

 

 

 

以上、「raisineの夏休みその1、広島帰省編」でした〜

 

 

最近の娯楽

こんにちは。

 

 

 

 

クローゼットにためていた段ボールを縛り上げてやったraisineです。

 

 

 

最近せみが賑やかですね〜〜

 

私はそんなせみの抜け殻を集めるのが好きです。

 

 

 

 

高校生の時は学校に行くまでにせみの抜け殻を見つけても、人目を気にして見守るしかできませんでした・・

 

 

台風が通った後もまだ残っている抜け殻を見つけてはホッとしていました、私。

 

 

 

 

大学生になって一人暮らしを始めて自由になった私は、

 

 

 

つい最近

 

 

 

 

せみの抜け殻をゲットしました!!!

 

 

 

わーい^^

 

 

 

外に飾っていますが、これからも集めていこうと思います。

 

 

 

(不審者撃退策でもあります)

 

 

 

 

 

これが私の最近の本当の娯楽ではなく、

 

 

 

 

じゃあ何が私の最近の本当の娯楽かというと、

 

 

 

その娯楽は、、、

 

 

 

 

 

 

アイスクリームです!!

 

 

しかも、

 

 

 

 

自分ですくって食べるやつ!!

 

 

 

 

f:id:raisine:20170729182919j:plain

 

 

 

イオンのナポリタンアイス2Lでっす!!!

 

 

 

 

中はどうなっているかというと

 

 

 

 

 

f:id:raisine:20170729183003j:plain

 

 

 

ジャーーーーーン!!

 

 

 

いちごチョコに、チョコバニラに進出していますが、

 

 

 

とっても美味しいアイスクリームです!!♡

 

 

 

 

欠点としてあげるなら、

 

 

一度食べると止まらないこと(調節自由なため)ですかね〜

 

 

 

 

 

 

あ、これ私の欠点でした。笑

 

 

 

 

 

 

 

とまあこれが私の最近の娯楽ですね

 

 

 

昨日は金曜ロードショウのジェラシックパーク・・ではなく、

 

ジュラシックパークを見ながらアイスを堪能しました^▽^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日一番の学びは、ジェラシックパークではなくジュラシックパークだということです。

 

 

 

以上、「最近の娯楽」でした!

 

 

 

 

青春18切符

こんばんは

 

 

 

夜分遅くに失礼いたします、raisineです。

 

 

 

 

 

 

 

 今朝、raisineは考えました。

 

夏休みはほぼ毎日予定が入っているのですが、

 

 

 

 

 

 

どうしても空いてしまう4日間がありまして、

 

 

 

 

 

 

うーーんと考えた結果、、

 

 

 

 

 

 

 

ずっと行ってみたかった和歌山県に行くことにしました!!

 

青春18切符で!!

 

 

 

 

 

 

私の青春はまだまだこれからですからね。笑

 

 

 

 

 

 

両親に一応提案のExcel資料を送ったのですが、

 

 

 

 

 

私は猪突猛進タイプ(一番厄介)なので、多分実行します。

 

 

 

 

 

 

 

楽しみだなーるんっ

 

 

 

 

 

 

 

という戯言報告でした。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

アニメーション映画「Animal Farm」を見て

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

 

二週間ぶりにレーズンを補給(購入)した、raisineです。

 

 

 

レポート執筆作業のお供ですね^^笑

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、大学の授業の一環で見たアニメーション映画、「Animal Farm」のあらすじ説明and感想を書こうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

すごーく長文・駄文になりそうなので、笑

 

 

心してお気軽に、お時間があれば読んでやってください。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~以下ネタバレしかありません~~~~~~

 

 

 

 

 

映画の舞台はとある農場

 

 

 

 

農場主のジョーンズは(見る限り)酒好きで、その夜も遅くに帰ってきて農場の家畜に「役立たず!」等の暴言を言いまくっていました。

 

 

 

 

 

ちくちく言葉、ダメ絶対!

 

 

 

 

 

 

ジョーンズが寝たあと、農場の家畜はこっそり納屋に集合しました。

 

 

初の試みです。

 

何でもその農場で一番長く暮らしていて信頼されている、長老ポジションの豚:メージャーが自らの命がそう長くないことも踏まえ、みんなに話しておきたいことがあったのです。

 

 

 

牛に羊、馬やロバ、山羊、アヒル、鶏などたくさんの家畜たちが集まったところでメージャー爺さんは次のようなことを言いました。

 

 

 

 

今こそ人間に立ち向かう時だ、と。

 

 

 

 

 

長い間虐げられ、搾取されてばかりでそれに見合う利益を得られなかった家畜たちは、団結を誓い大合唱。

 

 

その直後、後世に思いを残したメージャー爺さんは昇天しました。

 

 

 

 

そして次の日

 

 

 

 

本格的にえさが尽きた家畜たちは、勝手に倉庫の扉をぶち壊し、ジョーンズがちびちびケチりながら出していたえさをむしゃむしゃ食べました。

 

 

 

そこに駆けつけたジョーンズ。

 

 

いつものように痛めつけ言うことを聞かせようとしますが、、

 

 

 

家畜たちの目は血走り、じわじわと詰め寄ってきます。

 

 

 

 

ジョーンズはたまらず農場から逃げ出し、家畜たちは自由になったのですわーい

 

 

 

 

 

メージャー爺さんなき今、新たなリーダーとして真っ白な豚:スノーボールが皆の指揮を取り始めます。

 

 

 

人間がいなくなって、良くも悪くも自由になった農場で皆が豊かに生きていけるよう、スノーボールは7つの決まりを皆に掲げました。

 

 

 

 

 

1・二本足のものは誰でも敵である

 

2・4本足のもの、あるいは翼を持つものは仲間である

 

3・どんな動物も服を着てはならない

 

4・どんな動物もベッドで寝てはならない

 

5・どんな動物もアルコールを飲んではならない

 

6・どんな動物も他の動物を殺してはならない

 

7・全ての動物は平等である

 

 

 

 

 

この7つの決まりごとを守り、皆で力を合わせて農場を切り盛りし、農作物をいい感じに刈って藁を集め、まあ語彙力なすぎてうまく言えませんが、農場はいい感じです。はい。

 

 

 

 

そんな頃、追い出されたジョーンズは、酒場の仲間たちと共に報復に向かいます。

 

 

彼らの手には、ナタやスキや斧、そして猟銃が、、、

 

 

 

 

しかしその情報を入手した家畜たちはスノーボールの素早い指示により体制を整え、人間たちに立ち向かったのでした。

 

 

 

その結果は大勝利

 

 

 

しかし犠牲者も出ましたし、孤児も出ました(農場の犬の子どもたち)

 

 

 

 

 

その後、ジョーンズの家に入ってみよう、と言うことで、家畜たちがスノーボールを先頭に人間の家を探索します。

 

 

それでもやはり忌々しい人間の住居は好きになれず(好きになる気は毛頭ないとは思いますが)、もう2度とこの家には入らないようにしようと言う総意がとれました。

 

 

 

 

 

しかし、この時ずる賢い豚:ナポレオンだけが違う動きをしていました。

 

このずる賢いナポレオンは、先の人間との決闘時に孤児となったワンコたちを、こっそり別の納屋に移していたのです。

 

 

 

 

 

これを見たとき、raisineは「あら、ナポちゃんいいこ」とか思ったのですが、あとでバカが発覚します。笑

 

 

 

 

 

 

その他の家畜たちは、今まで彼らを痛めつけてきた道具を破壊し、その夜はキャンプファイヤー状態で勝利の大合唱。

 

 

 

 

 

そんな中、

 

 

 

農場に冬の気配が訪れます。

 

 

 

 

 

食料も少なくなる中で、リーダー豚スノーボールは電力を生みだすために風車の建設を考え始めます。

 

 

 

 

その秘密の計画を屋根裏からじっと見ていたのがずる賢い豚ナポレオンでした。

 

 

 

 

 

その夜

 

 

スノーボールが皆の前で、風車建設の計画の多数決を取ろうとします。

 

 

 

風車を建てて電力を得られれば、夜でも明るくなるし冬の寒さも軽減される。

 

 

建設作業は辛いが、建ててしまえば皆の労働時間も大幅に減るだろう!

 

 

 

 

スノーボールの演説に水を差したのがナポレオンでした。

 

 

 

 

 

そんなの嘘っぱちだ、デタラメだ

 

 

 

 

 

 

そうしてナポレオンが合図すると、どこからともなく現れた9匹の黒い大型犬

あの孤児ワンコです!

 

 

 

ゴールデンレトリバー系じゃなくて、もっと強くて怖そうな犬です

 

 

 

 

スノーボールをじわじわと追い詰め、納屋から追い出し、執拗に追いかけた挙句茂みで、、、、、

 

 

 

 

 

おそらくスノーボールは犬たちに噛み殺されてしまったのです、、

 

 

 

 

 

 

 

計画がうまくいったことを確認したナポレオンは、他の家畜たちの残る納屋へ戻り、彼らの前で虚言を吐きます

 

 

 

 

スノーボールは裏切り者だった。

 

彼はジョーンズ(元農場主)と再び手を組もうとしていた。

 

 

 

 

 

そして裏切り者を成敗した今、新たなリーダーはナポレオンであると宣言したのです!!

 

 

 

 

 

そこから、故スノーボールの作った風車の設計図を自分のものと偽って、他の家畜を酷使し風車設計が始まります。

 

 

 

 

頭脳労働(指示)は豚担当

 

 

 

肉体労働はその他の家畜担当

 

 

 

 

 

「頭を使うから」と言う都合のいい理由で、豚たちはたんまりご飯を食べますが、

 

 

他の家畜の食料はスズメの涙程度、少なすぎます。

 

 

それでもなんとか風車は完成しました。

 

 

 

 

 

それからというもの、だんだん豚たちの態度も傲慢になっていきます。

 

 

 

ナポレオンを始めとする彼らは、故スノーボールの掲げた7つの決まりごとの一つ、

 

 

 

 

4・どんな動物もベッドで寝てはならない

 

 

 

を破って、ジョーンズ家に入り込み、ベッドやソファの上で寝てしまうのです。

 

 

 

その話は伝書鳩たちにより瞬く間に農場全体に伝えられました。

 

 

 

 

しかし翌朝、、

 

 

 

 

 

4つ目の決まりごとが

 

 

 

 

4・どんな動物もシーツ付きのベッドで寝てはならない

 

 

 

 

に変えられているではありませんかああぁぁぁ!!

 

 

 

 

 

しかし今、自由を手にしたはずの動物農場は、豚たち主導のもとの独裁農場と化しているのです。

 

 

 

 

豚たちはその後、人間の食べ物の味を覚えます。

 

 

 

 

けれど人間の食料を食べ尽くしちゃいそう、という頃、農場に一台の車が到着しました。

 

 

 

 

 

すかさずナポレオンの番犬が車を取り囲み威嚇しますが、

 

 

 

よくよく見ると、豚たちが大好きな人間用の食べ物がたくさん積まれているではありませんか!!

 

 

 

 

 

訪れたのはジョーンズ(元農場主)が入り浸る酒屋で食糧不足の動物農場の噂をきき、動物農場相手に一攫千金を狙おうと考えたある男でした。

 

 

 

その晩、ナポレオンは私欲のあまりその男と取引を成立させます。

 

 

 

男への謝礼として、ナポレオンはめんどりたちに卵を差し出すよう迫ります。

 

 

 

 

 

めんどりは抵抗するものの、卵を搾取されてしまうのです。

 

 

 

 

そのような行為が続いて大好物をたくさん手に入れた豚たちと、謝礼を売り払って大金を得た男。

 

 

 

 

 

win-winな関係を妬んだ周りの人間は、ジョーンズ(元農場主)抜きで動物農場をぶっ潰しにかかります。

 

 

彼らは倉庫から、ナタや斧、さらには猟銃を持ち出しいざ出陣。

 

 

 

一方ジョーンズは倉庫からダイナマイトを持ち出し、フラフラとその集団の後をついていきます。

 

 

 

 

 

人間が再びやってくるとの情報を得た家畜たちは、以前のように体制を整えます。

 

ナポレオンは1人、安全なところで指示を飛ばしていますが。

 

 

 

 

準備万端状態に人間が到着しました。

 

 

 

誰もいない農場。

 

 

 

 

ナポレオンの合図で隠れていた家畜たちが一斉に人間に襲い掛かります!

 

 

 

 

ほぼ互角と思われた両者の戦いは、なんとか家畜の勝利で終わりました。

 

 

 

 

しかし農場1の働き者で力持ちだった馬のボクサーが、脚を負傷してしまうのです、、、

 

 

 

 

それでも皆で2度目の勝利を喜んでいた矢先、

 

 

 

 

風車が大爆発します。

 

 

ちゅどーーん

 

 

 

 

 

 

 

ジョーンズがダイナマイトで爆発させたのです。

 

 

ちゅどーーん

 

 

 

色々疲れ切った挙句、ジョーンズ自らも死を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく作った風車が全壊。

 

 

 

 

 

 

 

それから再び、つらーいつらーい労働が始まります。

 

 

今度は冬の間の労働です。

 

 

 

 

 

前回、誰よりも精を出していたのが、第2次決闘で脚を負傷した馬のボクサーと彼の友人のロバのベンジャミンです。

 

 

 

彼ら2人は今度の建設でも、誰よりも遅くまで残って一生懸命風車を建て直します。

 

 

 

 

 

しかし、長時間にわたる労働と、負傷し癒えきってない怪我が事故を引き起こします。

 

 

 

 

大きな岩が馬のボクサーの上に落ちてきたのです。

 

 

 

 

一命はとりとめたものの、ロバのベンジャミンはこれ以上ボクサーを酷使させることに我慢ならず、ボクサーの引退を皆に訴えます。

 

 

 

 

無事引退し、労働を免除されたボクサーですが、彼は豚たちが新たな企みを始めていたことなど知らなかったのです。

 

もちろんベンジャミンも、、、

 

 

 

 

 

 

 

ある日、皆が作業に行っている最中、農場に一台のトラックが到着しました。

 

 

 

 

 

風車建設作業を行なっていたベンジャミンは異変に気付き農場に戻りますが、

 

 

 

 

 

そこに農場にいるはずの馬のボクサーの姿が見当たりません、そこにあるのは

 

 

 

 

馬肉業者のトラック(と某サイトには書いてあるのですが、映画では馬の皮業者的なのだった気がします)。

 

 

 

 

 

やばい、ボクサーが連れて行かれる!!!!

 

 

 

 

と思いますが後の祭り。

 

 

 

 

 

出発するトラック。

 

追いかけるベンジャミン。

 

かろうじて顔を出し、降ろせと暴れるボクサー。

 

 

 

 

しかし、彼らの距離は虚しくも広がっていくばかりなのでした。

 

 

 

 

 

その夜、豚たちはボクサーの件について、

 

 

・彼はすでに息絶えていた

 

・死ぬ間際、ナポレオンさま万歳!と口にしていた

 

 

 

など虚偽をしまくります。信頼元からゼロだったけど、もはや信頼マイナス領域です。

 

 

 

 

 

その後も豚たちの恐怖農場は進んでいき、裏切り者には本格的な死を与え始めます。

 

 

 

 

故スノーボールの作った7つ決まりごとは

 

 

 

6・どんな動物も他の動物を理由なしに殺してはいけない

 

 

7・全ての動物は平等である。しかしある動物は他よりもっと平等である。(自分たちはもっと優遇されてもおかしくないってことですね)

 

 

 

 

なんて書き換えられちゃうのです、、

 

 

 

 

 

 

最愛の友を失ったロバのベンジャミン。

 

 

 

 

 

ナポレオンは豚が経営する大農場の農場主として、各地の豚を招待して視察を行っています。

 

 

 

 

その夜、豚たちが極上の料理やワインを楽しむ中、ベンジャミンを始めとする他の家畜たちは目を血走らせて立ち上がるのです(精神的にね、体勢的にじゃないよ。汗)

 

 

 

 

 

外の異変、ただならぬ殺意を感じたナポレオンと視察豚さんズ。

 

 

 

すかさずナポレオンは番犬たちに命令しますが、この番犬たちも酔っていて動けません。

 

 

 

 

 

気付いた時には時すでに遅し。

 

 

 

 

 

ナポレオンの運命やいかに・・!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってところでendです。

お疲れ様です。げっそり

 

 

 

 

 

4000字を超える大傑作ですね。笑

 

 

 

あらすじだけ書くのに、1時間以上かかりました。

 

 

最後まで読んでくださったかた、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

感想をさらっと述べると、ボクサーカワイソスギ、、です。切実に。かわいそう。

 

 

 

 

 

 

授業残り10分で配られた資料に書いてあったのですが、

 

 

 

 

この作品に登場する人物・動物(私のネタバレに登場しなかったものもたくさんいます)、そしてお話自体、ロシア革命後のソビエト連邦社会主義への批判からできているそうです。

 

 

 

 

調べてもらったら出ると思うんですけど(ここにきてまさかの放任主義)、

 

 

 

 

あ、あの出来事はあの事件を意味してたのね〜

 

 

あ、あの動物はあの人がモデルだったのね〜

 

 

 

 

 

とか様々な発見があり、知的好奇心をくすぐられると思うので

 

ぜひ調べてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、『アニメーション映画「Animal Farm」を見て』でした〜〜

 

 

 

 

 

 

 

夜ご飯の準備します。